害虫がもたらす症状|中型犬用のレボリューションを正しく購入するためには

中型犬用のレボリューションを正しく購入するためには

害虫がもたらす症状

オレンジの錠剤

ペットとして飼われることの多いイヌとネコ。
しかし、イヌやネコを飼う場合は、害虫に注意してあげなければいけません。
数いる害虫たちの中から、今回はノミ・ダニとフィラリアについて紹介しておきましょう。

まずノミ・ダニですが、これが外部寄生虫に分類される害虫です。
ペットたちの体表面上に付着し、そこから血を吸って栄養を摂取するのです。
1匹のノミ・ダニならサイズも小さく、吸血量もたかが知れているのでそこまで気にならないかもしれませんが、彼らの繁殖能力は凄まじいことを忘れてはいけません。
数え切れないほどのノミ・ダニが血を吸えば、その分吸血量は多くなります。
量によってはペットが貧血や栄養失調を起こしてしまう危険があります。
また、吸血箇所が次第に痒くなり、ペットのストレスの原因にもなりかねません。

一方フィラリアは、ペットの体内に寄生する内部寄生虫です。
心臓部や肺動脈などの血管内に寄生するのですが、ここで成虫にまで成長されてしまうと、血管が詰まる危険があります。
それによって血流が悪化し、重度な症状を引き起こしかねないのです。
場合によっては命を落とすケースもあるなど、決して軽視できない問題です。

しかし、これらの害虫は非常に小さく、みなさんが肉眼で確認し、駆除することは不可能でしょう。
だからこそ、レボリューションのような害虫駆除薬が欠かせないのです。
特にイヌを飼っている人はこのレボリューションを用意しておくべきでしょう。
散歩に出なければならないイヌの方がノミ・ダニの被害に遭いやすく、また、フィラリアによって深刻な症状を発症するのもイヌの方が多くなっています。
小型犬用、中型犬用、大型犬用のレボリューションがありますので、みなさんが飼っているイヌの体重を確認したうえで適したものを購入してあげましょう。